minotimu世界放浪記

こんにちは!2年間勤めていた派遣会社を退職し、2018年5月15日より世界放浪の旅に出ました。私自身の備忘録として、日記としてブログを更新していこうと思っています。24歳女性。よろしくお願い致します。

放浪4日目-カオサンからバンコク駅まで徒歩。バンコク→ピッサヌローク

世界放浪4日目。

朝は雷の音でお目覚め。

スコールが降ったようだ。

 


出発する7:30前には止み、地面には新鮮な水たまりができていた。

涼しくなるかと思いきや全くならず、ベタつく湿度がましただけである。はぁ。

 

さて、まとめた荷物およそ15キロを担ぎ、片道3キロの道のり、カオサン からバンコク駅までを歩く。

ヤバイ。荷物が重た過ぎて肩が死ぬ、、、笑

途中やはりトゥクトゥクを拾おうか迷ったが、休み休み行くことで頑張った。

 


バンコク駅から1キロくらいのところに食堂があり、そこでひと休憩。バンコク駅周辺で働いている人たち、駅関係者などがご飯を食べにきていた。良い。

f:id:minori-nkmr:20180520234750j:image


引き続き歩き駅に8:45頃到着。

乗車券を買う。

バンコクからピッサヌロークへ一番安く行くには9:25発の各駅停車3等だと調べていたので、チケットをかう。

バンコク-ピッサヌローク 3rd class  69バーツ(237円)8時間の道のり。

東京から名古屋までの距離を237円で行けるなら各駅停車で8時間なんてかまへん!

f:id:minori-nkmr:20180520234831j:image
駅で水を購入。

22バーツ!駅の売店ちょいと高め。

途中のセブンで水(1.5ℓ13バーツ)とお菓子かって行けば良かった、、、。

と後悔。

 


とりあえず購入したら、

8番線から列車が出るとのこと。

8:55だが既に列車は到着しており、列車に乗り込む。

乗り込む際の階段ですらつらい。

f:id:minori-nkmr:20180520234905j:image

f:id:minori-nkmr:20180520234926j:image

椅子に座ってはぁーと気をぬく。

荷物が重たかったよ。

 

9:25分定刻通り列車は出発。

特に発車ベルとか無し。

ピッサヌローク到着は17:55分。

8時間30分の道のり。まったり行く。

乗車率はそこそこ。立ちの人はおらず。


欧米系の観光客もちらほら乗っていたが、

皆アユタヤで降りて行った。

f:id:minori-nkmr:20180520235118j:image


田舎の風景が続く。

各駅停車なので、ゆっくり進む。

田んぼから手を振る子供もいれば駅で手を振ってくれる子供や人々がいる。

f:id:minori-nkmr:20180520235900j:image

寝台列車では(夜だし寝てしまうので)経験できないような、各駅停車ならではの旅が見つけられる。オススメである。

ちなみに窓からはドライヤーの熱風の様なタイの空気が吹き荒れる。

 


駅近くになると集落のように家が立ち並び、

遺跡も列車から見ることができた。

どこの駅だったか忘れた。すぐ通り過ぎた。

f:id:minori-nkmr:20180521000115p:image

 


駅で降りた人のお迎えが来ていたり。

僧侶が降りて行ったり。

どこか軍?に所属している人が田舎の駅から乗車してきたり。

この国鉄には毎日、

タイの人の様々な物語が詰まっている。

f:id:minori-nkmr:20180521000211j:image

f:id:minori-nkmr:20180521000250j:image

f:id:minori-nkmr:20180521000326j:image


この各駅停車のイベントとしては、移動販売である。

 

8時間も乗っているのでいくつか購入した。

タイのママ達が作ったお弁当やお菓子である。

おおよそ10パーツから40パーツ以内のものであると思う。

ママ達と目が合うと品物を見せてくれる。

f:id:minori-nkmr:20180521000353j:image

↑若いマンゴーに甘じょっぱ辛い塩をつけて食べる。10バーツ(34円)

f:id:minori-nkmr:20180521000458j:image

↑緑色のクレープの様な生地に糸状の飴を包んで食べる。20バーツだったか。(69円)

列車飯うまい。

他にも色々な物を売っている。本はタイパパが売っていた。

タイのママ達はある程度の駅まで行ったら折り返しの列車に乗っていくみたい。

同じく、反対方向からの電車で乗り継いだ新たなるママ達が再び車内販売をする。

 

その後は腕にチクチク日差しが突き刺さる中、

永遠と見ていて飽きないタイの車窓を眺める。

脳内には世界の車窓からのミュージックがエンドレス。

ナレーションを頭の中で考える。

 

到着はほぼ定刻。17:55分

まだ外は明るいが、夕方の気配が感じる頃、

ピッサヌローク駅に到着。下車する。

駅を出る寸前。

スニーカーを車内に忘れたことを思い出す。(車内でビーサンに履き替えていた。)

まだ電車がいる!ダッシュー!

ありました。旅に出て4日目にしてスニーカーをなくすところであった。先が思いやられる。

 

 

今回はbooking.comで予約したホテル。Siwathep Hotel

3泊4日で1人375バーツ。

1日125バーツ(430円)。

テレビ付き。部屋にトイレシャワー付き。

エアコン無しでファンは有り。

フリーコーヒー(インスタント)。

タイにゃん付き。

おそらくオーナーカワサキNINJA乗り。

 

 

英語が分からず、

私「ハロー!、、、トゥデイ、、、、、、」

ホテルのママ「booking?」

私「イエス!」

てな具合でなんとかなっている今日この頃。

だって私がニコってすれば向こうもニコってなってハイ解決!

みたいになるんだもん。

 

お部屋についてひと休憩。

 

 

電車でピッサヌローク着くときに窓から夜市が見えたので

ホテルに荷物を置き早速夜市へ。

 

道中駅前を通過する際色々と面白いお店を見つけました。

20-25バーツショップ

f:id:minori-nkmr:20180521001455j:image

【a chan】

ほぼ100キンみたいなお店。

ビーサンとか日本の彫刻刀とか売ってた。

さらに驚いたのが、画材ショップ!

f:id:minori-nkmr:20180521001613j:image

学生時代は美術系の学部だったのでココにはテンション上がりました。

f:id:minori-nkmr:20180521001644j:image

f:id:minori-nkmr:20180521001714j:image

サクラクレパスとか、三菱鉛筆などがラインナップが豊富豊富。良い。

 

 

さて、寄り道したら、目的の夜市へ。

f:id:minori-nkmr:20180521001751j:image

ピッサヌロークご飯が安いー!

お弁当1パック20バーツ(69円)

f:id:minori-nkmr:20180521002016j:image

タイのカオサンだとだいたい40バーツ。

早速。こしらえて。

このピッサヌローク駅前夜市でのご飯の買い方は、

お米はお米の屋台でもち米orタイ米を10-40ばーつで買っておかずを別のおかず屋台で買うというのが買い方の様だ。

 

水もセブンでまとめ買いして。

ホテルでご飯を食す。

 

 

今宵はこれにて。

明日はブラブラピッサヌロークを散歩します。

それではまた。