minotimu世界放浪記

こんにちは!2年間アシスタントディレクターとして務めていた会社(派遣)を退職し、2018年5月15日より世界放浪の旅に出ました。私自身の備忘録として、日記としてブログを更新していこうと思っています。24歳女性。よろしくお願い致します。

放浪37日目

放浪37日目

 

ノーンキャウからサムヌアまで突っ走る。

 

昨日11時にバスが来る様な事を言っていたので9:00にゲストハウスを出発した。

15キロ背負って歩く。

 

ノーンキャウのバス停に着いたので、一先ずチケットを買う。150000キップ、、、ラオス交通費タケェ。

 

f:id:minori-nkmr:20180701010203j:image

 

すると11時に来るかと思いきや、12:30にノーンキャウに来るそうだ。

何やねんクソジジイとグチをこぼしておく。

f:id:minori-nkmr:20180701010127j:image

ベンチに座っていたらカマキリの赤ちゃんがどこからともなくひっついて来るので、座らず、とりあえずウロウロしている事にした。

 

結局、12:30より3-40分遅れてミニバンのバスが到着。

荷物をバンの上に乗せて出発〜。

欧米系のニーチャンが1人以外はみなラオ人かな。

 

何と甘くみていたがここからがやばかった。

揺れに揺れ、尻は浮き、寝るに寝れず。

舗装道路も所々無くなり。

集落を超え。

 

ご飯休憩が一回。

f:id:minori-nkmr:20180701010137j:image

25000キップ。

 

日も落ちる。

真っ暗闇の中、ガードレールもない舗装されていない道を運転手は突っ込んでいく。

車内は結局4人くらいになった。

 

欧米系のニーチャンはイス1列に横になって寝ようとするも、揺れで寝られない様だ。

 

バスから見える景色は暗闇。

遠い山の峰にある集落の光がポツリポツリ。

 

あ、チカチカ光っている光、、、

蛍だ!ラオスの蛍がかなりたくさん飛び交っているのが見える。

道沿いの草はらにたくさんいる様で、サムヌアに到着するまでの道沿いでは蛍が飛び交っている様子が見られた。

 

ミニバン、てかハイエースに揺られ何と実に9時間。体バキバキやで。

 

しかもサムヌアに到着したのが22時をとうに過ぎていた。

 

サムヌアのバス停は市街地から少し離れている。

ここから真っ暗な中市街地まで行くのは少々怖い。

だったらバス停のベンチで過ごした方がマシか、、、とバス停で野宿を決意。

割と寒かった。

※夜だったから見えなかったが、朝起きたらバス停すぐ横にゲストハウスあった。