minotimu世界放浪記

こんにちは!2年間勤めていた派遣会社を退職し、2018年5月15日より世界放浪の旅に出ました。私自身の備忘録として、日記としてブログを更新していこうと思っています。24歳女性。よろしくお願い致します。

放浪110日目-ツアーで遺跡へ。お金なくて王家の谷見られず。

朝は8時にグランドホテルに集合となった。

 

寝起き沙汰に水を買いに行き。

宿のダンナがティーを出してくれた。

朝にしみる。嬉しいサービス。

 

さて、いざ出発。

ハイエースくらいの車にたった4人。

 

町外れにナイル川を渡る橋がある。

宿を出発して40分くらい走る。

 

途中運転手が、サンドイッチギブミー!

とか言っていて、いきなりの事に我々の頭の中は

?????

 

タクシー運転手に昼ごはんを出すのは普通というのは何かで見たが、

それと同じやつなのだろうか、、、。

 

しかし、我々が解釈に時間を要している間に運転手は勝手に買いに行ったので一件落着?

 

さて、気を取り直し、

まずは無料で見られるナントカの巨像。

f:id:minori-nkmr:20180928230630j:image

周りはまだ発掘途中のようで、白い布が被せられた像などもいくつかあった。

 

続いてチケットブースへ。

ナントカの葬祭殿チケット60ポンド。

スチューデントカードを持ち合わせておらず、運転免許証を見せるもダメでした。

 

かー、大学の学生証(卒業しちゃったけど)持ってくれば良かったで、、、。

ユニバーシティとかそういうの書いてあれば良いのだとか?(都市伝説)

 

まぁ、見応えはそこそこ。

写真も撮って良いみたいだし、元を取るべくバシャバシャと。

 

 

 

次もナントカの葬祭殿。

ここは80ポンド。

大きく、色々あるが、80ポンドは痛い。

f:id:minori-nkmr:20180928230709j:image

ここも写真オッケーみたいなのでバシャバシャ。

f:id:minori-nkmr:20180928230900j:imagef:id:minori-nkmr:20180928230906j:imagef:id:minori-nkmr:20180928230914j:imagef:id:minori-nkmr:20180928230932j:imagef:id:minori-nkmr:20180928230945j:image

 

かー、金がかかる、、、。

もぅ、マジ、無理、、、、、。

私はヨーロッパあたりでホームレスと化し行方不明になるカモ笑

 

最後の前に、アラバスタ(大理石?)ファクトリーへ。

 

石で作る何かを見て、謎にハイビスカスティーをゴチになり、何も買わずに退散。

似顔絵だけ描いて渡してあげた。

 

てか、あとラストの王家の谷なのに、まだ午前中やんけ、、、。早い。

 

ラストは王家の谷へ。

しかしなんと!入場1人180ポンド。

 

チーン無理です。

皆で行って来てくれ。私はここで犬とともに待つ。

f:id:minori-nkmr:20180928230749j:image

悲しみ。

スタッフの人に50ポンドしかないのを見せるとオーマイガーみたいな感じになっている。

私もオーマイガーやで。

 

スチューデントカードはないのか?と3回くらい聞かれた。

運転免許証はダメだった。(そらそうだ。)

 

するとなんか

こっち付いて来い!と言ってくれた人がいた。

場内だけでも案内してくれるみたい。

けど、私1人だし相手は男だし、

 

不安なのでやめておいた。

 

色々構ってくれたお礼にスーパーのチラシで作った折り紙の鶴を渡したら大喜び。

 

チケットブースのオヤジが鶴をいたく気に入り、つくりかたを見せてくれる!とチケットブースに招待され、メイキングを披露。

 

今思えば図々しくチップを要求すればよかったぜ、、、。

 

チケットブースのオヤジは私が立ち去るまでしげしげと鶴を眺めていた。

 

その後王家の谷を見終わったメンバーが帰って来たので私たちはバスに戻る事に。

 

帰りはスーパーで降ろしてもらう事にして。

何だかんだ14時過ぎくらいにスーパーに到着。

 

バクシーシを求められるが、私からは折り紙の鶴と、日本画折り紙を渡した。

 

お腹も空いたのでレストランで食事。

肉っってカンジ。

f:id:minori-nkmr:20180928230815j:image

ライスはパスタも入った感じのライスだった。

 

お腹もいっぱいになり、グランドホテルに戻って荷物をピックアップ。

 

ハッピーランドに移動する。

ハッピーランド着いたら部屋にはACなしだったけど、まあ、暑さはまだまし。

 

料金も5ポンドディスカウントの120ポンドになった。

 

 

さて、ダハブまでのバスについて調べるも、疲れにより頭に一切入って来ず。

 

旅の疲れ、ベットに横になったあたりから記憶はない。

それではまた。