minotimu世界放浪記

こんにちは!2年間アシスタントディレクターとして務めていた会社(派遣)を退職し、2018年5月15日より世界放浪の旅に出ました。私自身の備忘録として、日記としてブログを更新していこうと思っています。24歳女性。よろしくお願い致します。

放浪87日目-カトマンズ行きバスチケットを買いに

宿の部屋は一階で、見上げるとなかなかの建物。

f:id:minori-nkmr:20180924065334j:image

 

 

朝ごはんに駅前のラッシー。

200ccのやつ頼んだんだけど多分これ、もっとあるやーつや。お腹いっぱい。

f:id:minori-nkmr:20180924065144j:image

 

 

朝のバザー通り。

駅前は工事してて道ガタガタ。

f:id:minori-nkmr:20180924065221j:image

 

 

さて、タイトル『弾丸ネパール』

 

ネパール行っちゃうか!と2-3日前に軽く決めたはいいが、はて何で行こうか。

 

以前にリサーチしたバス会社に行ってみる事に。

場所は地下鉄を乗り換えて目的の駅はデリーゲート駅。

バザー最寄りのRAM駅から20ルピ。

f:id:minori-nkmr:20180924065240j:image

デリーゲート駅からスタジアムの方に歩いて徒歩5分といったところだろうか。

 

快適なメトロに乗って

f:id:minori-nkmr:20180924065422j:image

 

 

看板。

f:id:minori-nkmr:20180924065429j:image

ネットで調べただけだったので不安感があったが会社がちゃんとありました。

 

 

チケットを買うところは一番右。

f:id:minori-nkmr:20180924065456j:image

8月11日にカトマンズに行くチケットを無事ゲット。

2人で4630ルピなので、1人2300ルピほど。

多分手数料的な感じで30ルピ。

f:id:minori-nkmr:20180924073804j:image

フリーワイファイの表記に期待。

(その後ワイファイは結局無かった。)

 

もちろんエアコン付き。

 

謎の10:01出発という微妙な時間。

 

予想到着時間などが記載されていないあたり何時間のバス旅になるのか不安になる笑

 

名刺をもらったのでその情報を。

f:id:minori-nkmr:20180924073848j:image

f:id:minori-nkmr:20180924073854j:image

あ、一応26時間との表記。嘘やろこれ。

 

 

無事ゲットしたので宿へ戻る事に。

デリーゲート駅前のだらし無い犬。

f:id:minori-nkmr:20180924073943j:image

 

 

帰りはお土産を。

木のスタンプ良い。

f:id:minori-nkmr:20180924073953j:image

 

 

久々の日本料理が食べたくなったので日本料理屋にイン。

f:id:minori-nkmr:20180924074035j:image

料理屋からの景色。

ボリューミーなチキンフライドライス。

f:id:minori-nkmr:20180924074016j:image

 

お店からはデリーで上がる凧がたくさん見える。

電柱や人んチに引っかかった凧がたくさん。

 

バラナシでも上がっていたし、なんだかホッとする文化。

 

お腹もいっぱいになり、ひとまずは宿に戻って。

それではまた。

放浪86日目-デリーに到着。

朝、暑さで起床。

デリーに近づくにつれ気温が上がっていく、、、。

蒸し暑い。

そして車内についている扇風機が回らない、、、。

f:id:minori-nkmr:20180924025449j:image

 

皆スイッチをカチカチと試してみる。

回らない扇風機を叩いてみるなど、

 

四苦八苦するも動かず。

故障ですね笑

 

朝スーっとやってきた車内販売のサンドイッチを購入。

f:id:minori-nkmr:20180924025414j:image

食べ物系で車内販売はヤツだけだったような、、、。

 

電車は少し遅れを回復し、5時過ぎにオールドデリーに到着。

 

 

待ち合わせ予定の旅人さんと、インドの伝統文化が無料で見れる舞台に行こうと約束をしており、

その舞台が19時から。

 

まだ間に合いそうだ。

 

私は電車推しだったのだが、

謎にバスでデリー駅に向かおうとたむろ。

 

その後地下鉄でニューデリーまで行く事に。

 

インドの地下鉄やばい!とこの時興奮した。

f:id:minori-nkmr:20180924025849j:image

 

大抵の人はインドはデリーから入るのだろうが、私はコルカタから入ったので、地下鉄が日本以上なのではなかろうか!と驚くくらい綺麗だし、入場の管理や警備も素晴らしかった。荷物検査あるし。

 

切符も無くしそうだが、コインのようなチップで、改札でピッとやるタイプ。エコだ。

 

 

荷物検査もあり、携帯バッテリーで私の荷物が検査に引っかかる。笑

 

なんとかニューデリーに到着。

ここからが難問らしい。

 

地下鉄ニューデリー駅はバザー通りの反対側。

 

とりあえず、反対側まで行く事に。

駅内の通路を渡ると客引きがすごいという事は聞いていたし、駅から地上に出た時、端っこに出てしまっていたので、

 

そのまま道路沿いに歩く。

友人がお土産で買いためた荷物が重たくて持てないとの事。

 

トゥクに値段を聞くも150ルピとありえない値段を吹っかけてくる。

 

道のりはたった1.5キロほど。

買った責任を持って自分の荷物は持って欲しいところだが、グダグダやってるのも面倒になってきた。

 

私が荷物を抱える事にした。

中村家はこんな事ぐらいでは弱音は吐かない。

約10キロくらいの荷物をバックパックの上に背負うように乗せバザー通りまで向かう事に。

f:id:minori-nkmr:20180924030122j:image

 

目的の宿のナブランに到着。

ダブルは一泊350ルピ。

とりあえず2泊。

 

まぁ、なんとか泊まれるかなって感じ。

ワイファイも接続できたので待ち合わせの旅人さんに連絡を取ってみると、

私らの列車の遅延情報を知っていたようで、

すぐに返信と待ち合わせが整った。

 

いざ出発〜。

待ち合わせはナブラン前。

まずはデリー駅前で旅人さんはウーバーを拾う。慣れている、、、。

 

私は電話のナンバーを持っていないのでウーバーを使えないのだが、見てるとSIMが欲しくなってくる。

 

ウーバーであればタクシーのぼったくりもなく、適正価格で乗れる。

 

インドのハビテットセンターに到着。

上演は無料。インドの古典舞踊。

f:id:minori-nkmr:20180924030229j:image

会場に入ると、良かった、まだ始まってないみたい。

 

写真も撮って良いみたいだったので何枚かパシャり。

f:id:minori-nkmr:20180924030340j:image

f:id:minori-nkmr:20180924031941j:image

 

ティントン♩パタティントントン♩ティントンタン♩みたいな音楽。

踊りも、The India という感じで面白かった。

 

上演があったハビテットセンターは他にも色々な施設があるようで、多分ギャラリーとかもあるんじゃないかなとおもった。

建物も立派。

 

その後ニューデリーに戻り、

ご飯をご一緒に。

 

ネパール料理のmomoを注文。

美味い。

f:id:minori-nkmr:20180924030407j:image

そしてご馳走になってしまった。

ありがとうございます。

 

それではまた。

放浪85日目-ブージからデリーへ

今日はデリー行きの電車に乗る日。

 

9:00チェックアウトだったので、そのまま駅までトゥクで向かう。

40ルピだったかな?

f:id:minori-nkmr:20180924022609j:image

 

電車は12:40分。

f:id:minori-nkmr:20180924022615j:image

電車の時刻表

 

 

3時間くらい余裕でウェイティングルームで過ごせる〜。

 

駅の定番チャイを2杯。美味い〜。

しばらく待っているが1時間前にもかかわらず12:40分発の列車が掲示板に表示されていない???

 

 

ウェイティングルームで待っていたガールズに聞いてみると、同じ列車のようで、15:00発になっているとか。遅延しているらしい。

 

 

インドで初の大型遅延に遭遇!

やはり、デリー駅は混雑するからだろうか?

明日、プリーで出会った旅人さんと待ち合わせしており、どうなることやら。

ネットが既にない状況。

どうやって連絡を取るべきか笑

 

 

なんとかなるだろうとまずは置いておいて、

ひたすらに日記を更新する。

 

 

毎日投稿は続かないものだ。

 

 

駅の外で食料調達。

美味い。

f:id:minori-nkmr:20180924022944j:image

 

 

 

ウェイティングルームではガールズが何やら課題らしきものをこなしていた。

むむ。見た感じ建築系だの。

 

 

列車が来たようだ。

ガールズが教えてくれた。

お礼に折り紙を渡したらとても喜んでくれた。

 

 

オープンしてもよい?と折り紙の展開図が知りたい模様。さすが建築系。

話を聞くと、まさかのアーメーダバードの私が気になっていたデザイン学校の生徒らしい。

 

 

おぉー!頑張ってね!とお別れし、

同じ電車だがお互いの号車に乗り込む。

 

f:id:minori-nkmr:20180924023306j:image

 

 

 

 

外ではお風呂タイムなインド人

f:id:minori-nkmr:20180924023119j:image

 

 

さて、ここからが約24時間の列車旅。

しばらくはベンチで外の景色を。

f:id:minori-nkmr:20180924023027j:image

 

どんどんと人が増えてきた

座席は一番上なので、いそいそ上に退散。

寝るだけの楽チンスリーパー。

 

しかしここからが悲しみであった。

車内販売があまり無く、列車に乗る前は車内販売があるだろうとタカをくくっていて、食料を買い込まなかった。

 

どうにか途中駅で買いたいところだが、駅の売店が号車から遠かったりと、タイミングつかめず。

 

なんとか買いに出てポテチと飲み物を買ったら列車が動き出しちゃう!

走ってなんとか飛び乗るイベントがあったり。

 

各駅では皆同じ思考なので、売店も大賑わい。

買おうと思いきや行列で列車出発。買えず。

 

とりあえず夜は寝てしまえばいいやと寝る事に。

車内は割と快適な気温。

 

それではまた。

放浪84日目-アジャラクの工房見学

今日は工房見学の日。

 

朝7時にしおりさんとホテルのレセプションで待ち合わせし、出発。

 

まずはオートリクシャーを捕まえバス停まで行く。

マップスミーで出るバス停は改装中らしい。

市街地から 1-2キロ離れたバス停まで30ルピで向かう。

 

7:15頃バス停に到着。

ありがとうおっちゃん。

f:id:minori-nkmr:20180922040645j:image

お菓子を調達して。

朝7:30のバスに乗り、20分ほど。

 

バスはアジャラクの工房近くのバス停まで、8ルピ?だったかな?(忘れた)

 

 


バスを降りると爽やかな朝の匂いと、ちょっと砂漠と。

f:id:minori-nkmr:20180922041838j:image

 

 

しおりさんに案内され、まだ人気のない小ぢんまりとした街を歩く。

商店とか1.2件。レストランは1件。

f:id:minori-nkmr:20180922041802j:image

 

 

工房までの道のりでは藍染の藍で青くなった地面があったり、藍がそこらへんに捨ててあったり。染色の街というのがわかる。

f:id:minori-nkmr:20180922041908j:image

 

 


見えてきた工房の横ではバシンバシンと洗い場のコンクリートで布のノリを叩き落としている職人たちが。

f:id:minori-nkmr:20180922041936j:image

 

 


興味がドキドキと湧き上がる。

 

 

 

突然の訪問にもかかわらず、しおりさんのご紹介もあり、スフィアンさん(工房長)は快く見学をOKしてくれた。

 

 

 

しおりさんは藍染場や先ほどのノリなどの洗い場、煮立て場など一通り案内してくださった。

f:id:minori-nkmr:20180922041416j:image

f:id:minori-nkmr:20180922041437j:image

f:id:minori-nkmr:20180922041454j:image

 

f:id:minori-nkmr:20180922042320j:image

f:id:minori-nkmr:20180922042401j:image

f:id:minori-nkmr:20180922042451j:image

 

ショップがあるので、ショップも見学し、ハンカチを購入。

 

f:id:minori-nkmr:20180922042309j:image

ショップ入り口。木の判が扉についている。

 

 

 

 

道にいた藍に足だけ浸かった犬。

f:id:minori-nkmr:20180922042751j:image

日中は暑いから犬たちは水に浸かるみたいなんだけど、時に捨てられた藍に浸かっちゃうヤツら。かわいい。

 

緑色の綺麗な鳥もいる。

f:id:minori-nkmr:20180922044908j:image

 

 

相変わらずの閑散具合。

f:id:minori-nkmr:20180922043429j:image

 

 

 

その後お昼をご一緒して。

ターリー100ルピ。

おかわり自由!マンゴーソースおいしい。

f:id:minori-nkmr:20180922043443j:image

 


しおりさんの作業も見学させていただいた。

職人たちはしおりさんに気にかけたり、声をかけたり。

異国人のしおりさんですが、とても愛されているように感じる。

f:id:minori-nkmr:20180922055418j:image

f:id:minori-nkmr:20180922055428j:image

f:id:minori-nkmr:20180922055441j:image

 

 

 

 

そう、しおりさんはこの工房で唯一の女性。

皆ヒゲボーボーで、何だかんだ力仕事だからガタイ良いし職人さんたちの険しい顔。

 

怖くないのかな、、、と思うけど、

皆めちゃくちゃ優しくてお茶目で。

 

チャイ休憩では甘々のチャイを皆んなで飲んで。

チャイの時間を大切にする彼ら。

険しい顔の笑顔がたまらなく可愛い。

その中にオアシスのしおりさん。

 

 

けどやはり、女子が単身乗り込むのはすごいと素直に思った。

最初の第一印象とは打って変わり、

工房での学びの意欲というか、情熱というか、食らいついていく姿がすごくかっこよかった。

 

 

しおりさんが単身乗り込むくらい、ここの伝統はすごい。

 

 

彼女の活動や様子は以下のホームページより見ることができます。

http://shiorimukaitextile.com/#

ハメドカトリさんが日本にいらしていた話や、インドでの生活なと面白い記事満載です。

 


そう、実は先月、大阪でカッチの布展という展示があり、モハメドカトリさん、職人御一行が大阪、東京にいらしていたみたい。

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/kutch2018/index.html

 


しおりさんはきっとカッチ地方の布と日本を繋ぐ貴重な架け橋も担っていくのではないでしょうか。(勝手に私が思っているだけ)

 


彼女の今後とかもちらっと聞いたけど文章じゃ収まらないっスよ!

 


あー、できないけど取材したい‼︎

テレビ関係者の皆さん!

今、取材どきですよーwww(宣伝しておく)

個人的にここはNHKで長尺で惜しみなく取材していただきたいところ。笑

 

企画書書きます!請け負いますので!🙋‍♀️笑

物撮り撮影用で購入した布は私がいただきます🙋‍♀️

(でも、下手に観光客が増えて街の良さがスレていくのも嫌だなぁというもどかしさもある。そこらへんもしおりさんと話した笑)

 

 

しおりさんのお話が楽しすぎて事細かに色々聞き込んでしまった。すみません。

 

 

 

そしてしおりさん、私の知っている近隣美大卒の方でバイトは私の地元www

地元トークで盛り上がるwww

 

 

 

最高の1日でした。

しおりさん、まだ工房入りして2週間ほど。

これから残り約5ヶ月、お体お大事に頑張ってください!ありがとうございました!

 

と、その後しおりさんの作業の邪魔をしてしまうのもアレなのでおいとまし。

 

帰りはトゥクに乗り街まで。30ルピとかだったかな?

 

ホテルに帰る道のりで色々寄り道。

カッチ美術館に行ったり。50ルピだったかな?

カッチ地方の民族衣装についての展示が沢山されていて楽しい美術館。

 

ケーキ屋に寄って、一口サイズのチョコケーキ、、、10ルピ

一口サイズなんだけど、3口くらいかかるし、むちゃくちゃモッタリしててお腹にたまる、、、。

f:id:minori-nkmr:20180922055521j:image

 

 

6ルピのチャイ屋。

f:id:minori-nkmr:20180922044812j:image

 

 

帰りの道中に引き止められ、やんややんやとやりとりした床屋。

過去の旅人も以下のように述べています。

f:id:minori-nkmr:20180922044840j:image

 

それではまた。

放浪83日目-ブージのお土産巡り。

ブージはテキスタイルが盛ん。

 

素敵なお土産がいっぱいある。

町にも美しい民族衣装を着た人々が沢山いる。

f:id:minori-nkmr:20180922035745j:image

 

usedのショップもあり、実際に着られていたものも売っていたりする。

f:id:minori-nkmr:20180922035817j:image

f:id:minori-nkmr:20180922035839j:image

f:id:minori-nkmr:20180922035932j:image

町では相変わらずの牛さん。

f:id:minori-nkmr:20180922035952j:image

 

ホテルに戻りダラダラする。

 

夕方にホテルに宿泊している日本人のしおりさんにお会いしたので、お食事行きませんかとお誘い。

しかしすでに友人とお食事に行くのだとか。

 

しおりさんからおススメのカレー屋さんを教えてもらい行くことに。

 

マトンのキーマカレーを一丁。あと、ガーリックナン。

f:id:minori-nkmr:20180922040029j:image

久々の肉〜。

ガーリックナンがむちゃくそ美味い。

肉も飲み物レベルで柔らかい、、、。

 

場所はホテルから近い商店街の野菜市場を左に曲がり真っ直ぐ。一つ目の交差点も真っ直ぐ。

すると左手にあるお店。

 

美味しいお店も教わりお腹いっぱい。

 

まだ時間は明るい。

f:id:minori-nkmr:20180922040112j:image

ホテルに戻り、まったり。

ホテルの机がある広場を見てみるとしおりさんの姿。

 

早速お話を聞いてみようと声をかけてみた。

 

彼女は最初ここに勉強をしに来ていると言っていた。

 

語学ではないよな、、、と思いつつ、

話を聞いてみると

インドのグジャラート地域に伝わる有名なブロックプリントを勉強しに来ているとの事。

ブージ は3回ほど通っているとか。

 


かなり興味が湧いた。

 


今私がいるブージという街はパキスタンとインドの国境の近くで、民族による刺繍、伝統的なテキスタイルが有名な街。

カッチ地方とも呼ばれている。

 


詳しくお話を伺うと、

しおりさんはその中のクジャラート地方に4000年もの歴史があるブロックプリントの工房に女子一人単身乗り込み勉強しに来ているというのだ。

 

おおー!!!!

 

 

工房を見学する事ができるみたい!

いいんすか?

と聞くと

大丈夫じゃない?

との事。

 

明日、お邪魔させていただく事に!

朝7時にお約束。

本日はここまで。

それではまた!

放浪82日目-ブージ雨季のホワイトランと民族集落。

ブージ ホワイトランへ行く。

 

 

先ずはホワイトランに行ってその後民族の村に行くことにした。

 

 

マニュアル車とスクーターがあった。

ここはスクーターで。

 

ヘルメットを貸してくれた!

めちゃ埃かぶってたけどね!

頭に手ぬぐい巻いてからヘルメットかぶる事にしたレベルで埃。

ま、インドでヘルメット貸してくれるサービスがあるなんて贅沢の極み!

 

 

ガソリンはすでに満タン。

満タン返しシステム。

 

朝9:00頃、おっしゃ出発〜!

 

流石にこのインドの端っこでバイクで散りたくないので、安全運転で。

 

空港横を通り過ぎるとあっという間に何もない荒地が。

時折集落のようなところがポツリポツリ。

 

道路横では死んだ牛が腐乱し、異臭が、、、。

 

 

ホワイトランに行くまでで何頭か死骸を見かけた。

 

道路はわりかし走りやすいコンクリート

途中お尻痛くなって休憩したり。

f:id:minori-nkmr:20180912203400j:image

地球の歩き方には検問所的なところで50ルピだかを払う的な事が書いてあったが、

検問所らしき所では警備のおっちゃんがずっと電話してて、話終わったと思いきや

 

道はあっちだ!

 

と指さされて終了。

えっ。

f:id:minori-nkmr:20180912203531j:image

検問のところにいただらし無い犬。

f:id:minori-nkmr:20180912203818j:image

検問前の道路。

やはり看板には値段が書いてある?

 

更に進むと

大量の羊が道を埋め尽くしている。

前を走るトラックのドライバーが羊飼いに声を掛けた。

羊飼いは子羊を掴み上げドライバーに見せる。

 

ドライブスルー的な売買もやってんのかいな。

ドライバーは買わず。

 

 

ガソリン、、ヤバイな。

どっかで入れられるのか、、、?

とりあえずはホワイトランへ。

 

ホワイトランへ残り3キロで所で更に検問所のようなところがあり、

お!ここで支払うやつか?

と思いきや、検問所のニーチャンは英語あんましわからんみたい。

 

記帳ノート的なやつにパスポートの詳細を書いて、、、、。

支払いは、、無しみたい。

ニーチャンは

 

あっちまっすぐだよ。

 

手続き終了〜。支払い無し。

えっ。

 

そのままホワイトランに向かう。

どこに白い砂漠あるねんと思いつつ、砂が吹き荒れる道を進む。ヘルメットの中に砂がばちばち入る〜。

 

 

むむ!向こうに白っぽさが。

何だかんだ雨季だけど!ホワイトラン見れそう!

 

ワクワク〜!

 

 

ホワイトラン到着〜。

何だかんだ2時間以上かかった。遠かった。

f:id:minori-nkmr:20180912203952j:image

駐車場は閑散としている。

 

 

砂漠にそびえ立つ高台からの景色。

風が強すぎてヤバイ。

持っていかれる。

てか、観光客居なさすぎ笑

 

 

高台の下ではチャイ屋やラクダ飼いなどが暇そうにしている。

f:id:minori-nkmr:20180912215203j:image

 

ターバン巻きのおっちゃんは営業を仕掛けてきた。

→うまくかわす

 

 

せっかくなので、チャイとお菓子を購入。

チャイは10ルピ。お菓子5ルピ。

 

 

さて、高台付近はラクダやらのウンチなどで黒っぽく変色している。

 

ここから歩いて1キロくらい行くと白い砂漠となるらしい。

 

ひたすらに歩く。

風がビュービュー吹き荒れる。

f:id:minori-nkmr:20180912215535j:image

地面は塩の結晶。

f:id:minori-nkmr:20180912222829j:image

遠くから飛ばされてきた砂が結晶の隙間にこびりつくのでピンクっぽく見える。

f:id:minori-nkmr:20180912215713j:image

 

一部水がうっすら張っている所があった。

これ、雨季のタイミング良い時、水が薄く張れば綺麗に見えそう〜。

f:id:minori-nkmr:20180912215829j:image

しばらくこのホワイトランではしゃぐ。

 

 

さて、高台に戻る。

 

インド人観光客が少しやってきたみたい。

謎にネパール人に間違われる。

 

 

さて、時間は12時過ぎ。

続いて民族の村に行ってみる。

 

ゴレワリ村て所。

 

その前に、、、適当に立ち寄った商店にガソリンはないか聞いてみる。

f:id:minori-nkmr:20180912221829j:image

ありました笑

あっさり。

1リットル90ルピ

とりあえず1リットル入れる。

 

商店みたいな所ならわりかしガソリン置いてあるんでないかなと思いました。

 

その後ゴレワリ村へ。

 

牛飼いのおっちゃんがゆっくり歩いてくる。

ゴレワリ?

と聞くとあっちと教えてくれた。

 

町らしきところに入る。 

f:id:minori-nkmr:20180912221853j:image

水牛の群れ。若い牛飼い。

奥に進むと庭から人が見える所が。

f:id:minori-nkmr:20180912221935j:image

土壁の家がまだ残る。

 

子供達が騒ぎを聞きつけてわらわら集まってくる。

f:id:minori-nkmr:20180912222014j:image

 

すると英語が話せる村の若者が来てくれた。

村で作っているものを見せてくれた。

 

f:id:minori-nkmr:20180912222135j:image

素晴らしい。

作りかけのもの。針が刺さっている。

良い。

f:id:minori-nkmr:20180912222205j:image

 

f:id:minori-nkmr:20180912222222j:image

 

f:id:minori-nkmr:20180912222239j:image

 

f:id:minori-nkmr:20180912222258j:image

 

f:id:minori-nkmr:20180912222316j:image

 

f:id:minori-nkmr:20180912222329j:image

集会所のような所に通されたのだけれど、

そこにはあっという間に20人くらいの子供達が集まっていた。

ワロタ。有名人か。

f:id:minori-nkmr:20180912222339j:image

 

f:id:minori-nkmr:20180912222358j:image

女の子たちの衣装素敵。

 

やはり大人の人は写真を撮られるのが嫌なようであった。

 

その後、来るのに2時間以上かかった事もあり、早めの退散。

 

 

15時には向こうを出たかな?

村は結局1つしか行けなかったが、楽しかった。

 

あとはひたすらに帰路につく。

ガソリンよー!持ってくれー!

 

途中、悠長に記念撮影なんかしちゃったりして。

f:id:minori-nkmr:20180912222937j:image

 

町に帰る途中にあるガソスタになんとかイン。

マジでケツが痛い〜。

 

ガソリン満タンでちょうど300ルピだったかな。

f:id:minori-nkmr:20180912222855j:image

帰りにスクーターのまま

グジャラートターリーで有名なお店へ。

 

ターリーを選ぶ方式で注文できる。

小鉢によそったカレーがいくつか運ばれて来る。

いくつか選んで。

f:id:minori-nkmr:20180912222805j:image

プディングって言っていた奴が一番美味しかった。

濃厚なヨーグルトって感じ。

 

美味しくいただいて。

帰りもスクーターで。

 

20時過ぎにホテル着。

何だかんだホテルでバイク借りて良かった〜。

 

程よい疲労で。

それではまた。

放浪81日目-ブージに到着。

6:30過ぎにブージに到着。

 

 

ブージは終点。

アーメーダバードと違い空気が澄んでいる。

スーハー。

f:id:minori-nkmr:20180911222808j:image

 

 

久々のさわやかな朝。

ブージのホームでひと休み。

7時過ぎくらいにさて宿へ行こうと思ったけど、宿からブージ駅はちょい遠め。

次のブージからデリーへのチケットを買っておいた方が効率的だなぁと思いチケットブースへ。

 

8:00オープンとな、、、。

今7:10分。

 

待つか!ということでホームで待ちぼうけ。

5ルピのチャイを飲む。うまい。2杯飲んだ。

f:id:minori-nkmr:20180911222919j:image

 

 

ホームは朝のお掃除中。

f:id:minori-nkmr:20180911224120j:image

 

 

職員の子どもがホームを駆けずり回る。

きゃっきゃという声が響いていてとても良い。

ほかの職員も子どもを暖かく迎えている。

 

 

チケットブースがオープンしたので、

ブージ→デリーを購入。

デリーはオールドデリー到着。

 

 

さて、チケットも買ったのでオートリクシャーを拾ってホテルへ。

f:id:minori-nkmr:20180911224536j:image

 

ひと段落した後、ちょびっとお散歩。

f:id:minori-nkmr:20180911224927j:image

 

ブージというところはグジャラートやカッチ地域があり、ここではテキスタイル産業が有名。

 

 

有名なだけあって、手芸屋さんや、衣装を売るお店がある。

f:id:minori-nkmr:20180911224823j:image

とても良い〜!

f:id:minori-nkmr:20180911225858j:image

f:id:minori-nkmr:20180911225923j:image

f:id:minori-nkmr:20180911225320j:image

色鮮やかなスパイスも売ってます。

f:id:minori-nkmr:20180911230218j:image

 

 

この街で有名なサンドイッチ。10ルピ。

f:id:minori-nkmr:20180911230225j:image

小さめな割には割とお腹にくるやつ、、、。

辛さの中に甘さもあり、なんとも文字で言い表せない味。

 

マンゴージュースとアイス。

f:id:minori-nkmr:20180911230329j:image

 

 

宿に戻り明日からの作戦会議。

目的はブージの民族と塩の砂漠ホワイトラン。

 

民族のいる村はブージから50ー60キロは離れている。

ホワイトランはさらにその奥だ。

さて、どうやって行こうか。いつ行こうか、、、。

 

 

ホワイトランについて先駆者ブログなどを読みあさっていたところ、休日だと村のショップは営業していない、というような情報もあった。

 

うーむ。そもそもインド、土曜も休日なのか?という疑問もありつつ。

ブージ滞在は4泊。今日は1日目。

明日か明後日か。

明後日の日曜日に行くのはやめておくとして、

月曜に行くか。はたまた明日行くか。 

 

月曜に行ったとして、もし思い残しがあったらリベンジできないな、、、。

 

 

というか、ホワイトランの時期は冬という事で、今は8月の雨季。

雨季にホワイトランに行った人の情報が少なく。

んー。でも逆に雨季のホワイトラン、気になる!

見れなくてもまぁ、民族の村を見れば良いか!

 

 

おっしゃ明日行く!

 

 

ちゅーことで、明日行く事にして。

さて何で行こうかと、、、。

 

近所のレンタルバイク屋は10時から、1日400ルピという情報が。

 

宿でもバイクをレンタルしているみたい。

1日500ルピ。朝からかりられる。返却の時間も特に無いので時間に追われない。

 

ならば宿で朝から借りて乗りつぶしたろうではないか!

 

早速宿の人にバイクレンタルを伝える。

朝9:00から乗りますーっと。

 

楽しんだろ!

それではまた。