minotimu世界放浪記

こんにちは!2年間勤めていた派遣会社を退職し、2018年5月15日より世界放浪の旅に出ました。私自身の備忘録として、日記としてブログを更新していこうと思っています。24歳女性。よろしくお願い致します。

放浪103日目-ツアーでピラミッド

今日はピラミッドツアーの日。

 

 

朝8時出発との事で、7:30に簡易朝食でエジプトのパンをいただき。

 

8時頃ワンボックス車の中に、もう一つのグループを乗せて出発。

 

ナイル川を渡って。

f:id:minori-nkmr:20180928011208j:image

 

まずはあの有名なギザのピラミッドへ。

まず驚くのは大きさ。

とんでもなくデカイー!

こんなデカイのか!と驚いた。

 

 

入場チケットは運転手がかってくれた。

運転免許証がスチューデントカードとなった笑

(ダメです。)

 

ピラミッドでかいー。

f:id:minori-nkmr:20180928005545j:image

 

ピラミッドは客引きたくさん。ま、これはインドと同じ。

基本スルー。シカト。

 

馬たちが待機中。

f:id:minori-nkmr:20180928005730j:image

 

途中写真撮りなよ!とラクダ乗りが言ってきた。

撮った。

f:id:minori-nkmr:20180928005648j:image

ラクダ乗り  俺らノーマフィア。

私  パシャパシャ(ホーン。そうかい。)

ラクダ乗り  こっちも撮ってくれ。

私   ありがとう!

ラクダ乗り  チップよこしな

私  は?ムリー。ありがとう!

とお礼を叫びながら立ち去る。あばよ!

 

 

その後も馬やらラクダの客引きが。

まぁ、スルー。

 

 

色々とスルー。

 

 

らくだの駐車場

f:id:minori-nkmr:20180928011219j:image

 

 

その後は皆と行動を共にして。

 

 

ピラミッド3つが見渡せる丘。

f:id:minori-nkmr:20180928005741j:image

 

に居た犬

f:id:minori-nkmr:20180928005852j:image

 

とおじさん。

f:id:minori-nkmr:20180928010127j:image

 

香水ショップにも連れていかれた。

f:id:minori-nkmr:20180928005940j:imagef:id:minori-nkmr:20180928010447j:image

f:id:minori-nkmr:20180928010106j:image

 

 

お昼ご飯は150ポンドもするご飯屋に連れていかれるも、お金が無さすぎて退散。

もう、、マジ、ムリ、、、。高すぎだよ。

 

 

後は唯一ピラミッドをはしご。

 

f:id:minori-nkmr:20180928010456j:image

 

f:id:minori-nkmr:20180928010522j:image

 

 

ピラミッド内に入れる場所にも連れて行ってもらって。

 

ピラミッド内に入ったのは良いが、高いところから登って中はずっと下り。

f:id:minori-nkmr:20180928010447j:image

下っているときに思う。

帰りはこれを登らなければいけないのか。

 

絶望を感じつつ内部見学。

てか、まあ、特に何もないやつな。

 

ミイラとかもなし。

ピラミッドの匂いは、、、カビの匂いやな。

 

ピラミッドを出るときはもうヘトヘト。ハアハア。

 

最後にナントカ博物館。

(エジプシャンミュージアムでは無い)

 

 

解読できない文字たち。

 

博物館に居た藍犬

f:id:minori-nkmr:20180928011137j:image

どこかで染物しているのだろうか。

 

 

一通り回って、ホテル近くでバスから降ろされた。

バクシーシをいくら渡さなければいけないのか、、、。

でも、昼ごはんさえまともに食べられないビンボーの我々。

 

私からは5ポンドを、、、、。

そしたら運転手びっくり。

結局バクシーシいらないよ!と半ギレ。

でもね、お金んなんてありませんよ。こちらも。

 

とか言いつつ帰りにコシャリを食べて帰る。笑。

f:id:minori-nkmr:20180928010655j:image 

 

 

宿へ戻ると、昨日の夜宿にいたエジプト人のおっちゃんに似顔絵を描いたことを聞かれた。

するとスタッフの叔父さんだったようで、ちょいと頼みたいことがあると。

 

スタッフが趣味で作っている作品の下書きを描いて欲しいと。

むむ。なかなか大きな画用紙が出てきた。

ここにこの絵を映して欲しいとのこと。

ふむふむ。しゃーない、とりあえずやりますか。

との頃に時間は宿でひたすらに絵を描くことに。

それではまた。